本文へスキップ

材料から各種機械加工(ガンドリル・BTA深穴・プレート加工・フライス加工)まで一貫対応!

見積りボタン

自社掲載記事REPORT

2015年6月12日 日刊産業新聞掲載


新支部長登場

【地方支部のモデルに】
 5月27日に発足した全日本特殊鋼流通協会(全特協)中国支部の初代支部長に就任。
 「今後、設立されるほかの地方支部のモデルとなる魅力ある組織にしていきたい」と抱負を話す。全特協では2001年に設立された青年部会で初代部会長を約1年半務めるなど、長く協会活動に関わってきた。
 中国地区には96年の全特協発足時、広島支部があったが、数年の活動後、支部組織のない状態が続いていた。こうした中、同協会が会員拡大に向け地方支部の設立に取り組む方針を採ったことから、大阪支部などのバックアップを受け、中国支部設立が実現した。「地方では狭い商圏の中で複数の企業が競合しており、コンペジター同士が自発的に手を取り合うというのは難しい。直接競合関係にない大阪支部の福原實晴支部長(南海鋼材社長)らの参加呼び掛けが、スムーズな設立につながった」とし、一つのモデルケースにあるとの認識を示す。
 当面の目標は会員拡大。現在15社、16事業所が加入しているが、中国地区に本社を置く正会員は1社のみのため、5社程度を目標に会員増に取り組んでいく方針。
 機能として重視するのは教育制度の充実と、メンバー間の関係強化。特殊鋼販売技士などの資格取得について、地方では講義を受ける機会が限られているため、ビデオ講義などを提案することで、受講しやすい環境を整えていく。また互いの業務を知ることでメンバー内の商流を広げていきたい考えで「特殊鋼流通にとって商品ラインアップの充実は顧客メリットにも通じる。競争だけでなく協業できる関係を構築したい」とする。
 初年度の活動方針については「夏ごろをめどに、役員などの組織体制や今後の活動方針について話し合う場を設けたい」。


バナースペース

深江特殊鋼株式会社

〒721-8543
広島県福山市曙町2丁目3-17

TEL 084-953-4500
FAX 084-953-7611